ABAP

【ABAP】REPLACE命令(文字列置換)

REPLACE命令(文字列置換)

内容

文字列の一部を他の文字列で置換するには、REPLACE命令を使用することができます。

使用頻度はそこまで高くない印象ですが、禁則文字を置換する場合や、特定文字を変換したい処理を実装する場合に使う機会があります。

基本形

構文

REPLACE <置換前の文字> IN <変数> WITH <置換後の文字>.

サンプル

下記、サンプルの場合では文字列「AAAA」⇒「BAAA」に変換されます。

注意点

基本構文では先頭の1文字のみ置換されます。

また、半角スペースはREPLACE命令の仕様で置換できないですが、
シングルコーテーションを’ ‘(半角スペース)⇒` `(半角スペース)にすることで対応可能です。

オプション:REPLACE ALL OCCURRENCES OF

オプションで使用頻度が高いのは、REPLACE ALL OCCURRENCES OFです。
このオプションでは、先頭1文字だけでなく全ての対象文字の置換が可能です。

構文

REPLACE ALL OCCURRENCES OF <置換前の文字> IN <変数> WITH <置換後の文字>.

サンプル

下記、サンプルの場合では文字列「AAAA」⇒「BBBB」に変換されます。